事前学習 目次

1.事前学習ー2.学習する際、便利なブラウザの機能

インターネットを見る時に使うソフトはブラウザと呼び、ウィンドウズPCですと、eのマークのインターネットエクスプローラー(Internet Explorer)、最近はeのマークの左上が切れてる感じのエッヂ(edge)がデフォルトでインストールされています。

マックPCではデフォルトでサファリが入っています。
他にも無料でダウンロードできるファイアーフォックス(firefox)、グーグルが提供するクローム(chrome)などがあります。

ブラウザで表示して閲覧するページはウェブページと呼ばれています。
ウェブサイト開発時には、開発したウェブページのデザインなどが自分の想定通りにならない事が多々あり、それを確認するために、ソースコード(見えているページのHTMLやCSS)を画面デザインと合わせて見られると便利です。

私はブラウザはfirefoxやchromeを使い、想定どおりで無い場合は、そのデザインの部分で右クリックをして「要素の検証」という方法をとります。

見えているウェブページの下部に、HTMLやCSSのソースコードが同時に表示され、該当部分がハイライトされるので、とてもわかりやすく検証ができます。
表示されているCSSを書き換えると表示されているデザインに一時的に反映されるので、どのように修正すればいいのかがわかり便利です。

firefox、chromeどちらも無料でダウンロードできますので、入れておくとよいでしょう。chromeには関連の拡張機能もあります。

firefoxかchromeをメインのブラウザとして利用し、完成後にはほかのブラウザでも見栄えをチェックするといいと思います。